TOPへ戻る
最終更新日:2015.12.8
名称

オクラ

アメリカネリ
オカレンコン(陸蓮根)
英名
Okra
学名
Abelmoschus esculentus
Hibiscus esculentus
性状
多年草(温帯では一年草)
大きさ
高さ:50~200cm/葉長:15~30cm/花径:60~80mm/果長:5~30cm
形態
茎は直立し、あまり分枝しない。葉は掌状に5深裂し、不揃いの鋸歯があり、長い葉柄があり、互生する。6~9月頃、葉腋に中央部が暗赤色で淡黄色の花を咲かせる。花は一日花で、夜~早朝に開き、昼過ぎには萎む。花弁は5枚で、半開状態。果実は先が尖った柱状の蒴果で、5つの稜がある。
品種
果実に稜が入らないで丸いものや、果実が赤紫色になる品種などがある。
原産地
アフリカ北東部
生育
乾燥と多湿に強い。寒さに弱いため、温帯では一年草扱いとなる。開花後7~10日の未熟な果実を収穫し、食用とする。
利用
若い果実を食用にする。
オクラ
千葉県千葉市、畑
2007.7.28
オクラ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
オクラ
千葉県千葉市、緑地
2013.9.6
オクラ
千葉県千葉市、緑地
2013.9.6
オクラ
千葉県千葉市、畑
2007.8.5
オクラ
果実(未熟)
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
オクラ
果実(未熟)
千葉県千葉市、畑
2007.7.28
NOTE
TOPへ戻る