TOPへ戻る
最終更新日:2013.3.18
名称

ケナフ

英名
Kenaf
学名
Hibiscus cannabinus
性状
一年草
大きさ
高さ:3~4m/葉身長:10~15cm/葉柄長:6~20cm/花径:70~150mm/果径:15~20mm
形態
茎は直立し、あまり分枝しない。茎にはまばらに棘がある。葉は掌状に3~7深裂し、鋸歯があり、長い葉柄があり、互生する。8~9月頃、葉腋に5弁花を咲かせる。花は薄黄色で、中心部が暗紅色。朝開いて夕方には萎む一日花。果実は先が尖った球形~円錐形の蒴果で、棘がある。
品種
小型の園芸品種がある。
原産地
不明(アジア、またはアメリカの熱帯地域と思われる)
生育
強健で栽培容易。成長が早い。
利用
庭植え。茎の繊維は、布やロープ、製紙原料などに利用される。空気浄化や、水質浄化に役立つ環境植物として注目されている。
ケナフ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
ケナフ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
ケナフ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
ケナフ
東京都江東区、木場公園
2012.7.22
NOTE
TOPへ戻る