TOPへ戻る
最終更新日:2012.6.18
名称

ウナズキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉)

タイリンヒメフヨウ(大輪姫芙蓉)
英名
Turk’s cap, Cardinals hat, Sleeping hibiscus, Wax mallow
学名
Malvaviscus arboreus var. mexicanus
名の由来
「ウナズキヒメフヨウ」は、花が下を向いて咲くことから。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:1.5~3m/葉長:10~15cm/花径:7~10cm
形態
葉は先が尖った卵形、または掌状に3浅裂し、鈍い鋸歯があり、葉柄があり、互生する。葉腋に赤~桃色の5弁花を下向きに咲かせる。蕾の時は上向き。花は、ほとんと閉じた状態で、雌しべは花弁の外にわずかに出る。
原産地
中央アメリカ、南アメリカ
生育
暖かい、 湿潤気候を好む。
ウナズキヒメフヨウ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.2.11
ウナズキヒメフヨウ
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2011.11.17
ウナズキヒメフヨウ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.2.11
ウナズキヒメフヨウ
葉と花
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.2.11
ウナズキヒメフヨウ
千葉県千葉市、花の美術館、温室
2011.11.17
ウナズキヒメフヨウ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.2.11
NOTE
TOPへ戻る