TOPへ戻る
最終更新日:2014.7.21
名称

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

オエノセラ・スペキオサ
英名
White evening primrose
学名
Oenothera speciosa
性状
多年草/ロゼット状で越冬
大きさ
高さ:30~60cm/花径:50~60mm
形態
茎は根元でよく枝分かれし、やや這うように株を作る。細長い葉は互生し、縁は波をうっており、浅い鋸歯が多くある。ロゼット状で越冬する。花は白~淡桃色で、5~7月に咲く。昼に咲き、2~3日はしぼまない。蕾は下向きになっており、開花間際になると上を向く。
原産地
北アメリカ中部
生育
帰化植物として野生化している。
利用
庭植え、鉢植え。
ヒルザキツキミソウ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.2
ヒルザキツキミソウ
千葉県千葉市、路傍
2012.5.21
ヒルザキツキミソウ
千葉県千葉市、路傍
2012.5.21
ヒルザキツキミソウ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.7.2
ヒルザキツキミソウ
千葉県千葉市、路傍
2013.5.9
NOTE
TOPへ戻る