TOPへ戻る
最終更新日:2012.7.30
名称

コマツヨイグサ(小待宵草)

英名
Cutleaf evening primrose
学名
Oenothera laciniata
性状
一年草(秋~翌夏)/ロゼット状で越冬
大きさ
高さ:20~60cm/葉長:3~7cm/花径:30~40mm
形態
秋に発芽し、ロゼット状で越冬する。茎は地面近くを這うように伸びる。葉は互生し、葉柄はない。細く長く、縁が深く羽状に裂けたものから、ほとんど裂けないものまでさまざまで変化が多い。花期は5~10月で、夕方開花し、翌朝にしぼむ。しぼんだ花は赤っぽく変色する。
原産地
北アメリカ
生育
帰化植物として野生化している。海辺や河原などに自生。
コマツヨイグサ
千葉県習志野市、空き地
2012.7.17 5:30
コマツヨイグサ
千葉県千葉市、空き地
2012.7.26 6:30
コマツヨイグサ
千葉県習志野市、歩道緑地
2012.7.1 10:00
コマツヨイグサ
千葉県千葉市、空き地
2012.7.26 6:30
コマツヨイグサ
花としぼんだ花
千葉県習志野市、歩道緑地
2012.7.1 10:00
コマツヨイグサ
葉と果実(未熟)
千葉県習志野市、空き地
2012.7.17 5:30
TOPへ戻る