TOPへ戻る
最終更新日:2011.10.31
名称

ユウゲショウ(夕化粧)

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)
英名
Pink evening primrose, Rose of Mexico
学名
Oenothera rosea
名の由来
「ユウゲショウ」の名がつくが、昼咲きで、夕方には花は閉じてしまう。
性状
多年草/ロゼット状で越冬
大きさ
高さ:20~30cm/葉長:2~5cm/花径:12~15mm
形態
茎には柔毛があり、地際からたくさん立ち上がって株立ち状になる。葉はやや広い披針形で、ごく目立たない鋸歯があり、互生する。5~9月頃、茎上部の葉脇から桃色の花をつける。花弁は4枚で濃桃色の脈があり、中心部は黄緑色。雄しべは8本で、雌しべの先端は濃桃色で4裂する。
原産地
北アメリカ南部、南アメリカ
生育
世界の温暖な地域に広く帰化し、野生化している。
利用
庭植え。
ユウゲショウ
神奈川県相模原市、相模原公園
2010.5.15
ユウゲショウ
神奈川県相模原市、相模原公園
2010.5.15
ユウゲショウ
神奈川県相模原市、相模原公園
2010.5.15
TOPへ戻る