TOPへ戻る
最終更新日:2017.3.15
名称

コプロスマ・レペンス

英名
Mirror bush, Looking-glass bush
学名
Coprosma repens
Coprosma baueri
性状
低木/常緑/雌雄異株
大きさ
高さ:2~8m/葉長:3~6cm/果長:1cm
形態
株元からよく分枝する。海岸の崖などでは匍匐するなど、生育環境によって高さは大きく差が出る。葉は光沢ある暗緑色で、全縁の卵型で、やや裏側に反り返り、対生する。 初夏に目立たない花を咲かせる。果実は朱色の核果。
品種
ブロンズ色や、クリーム色、白覆輪、黄覆輪、斑点斑などの葉模様の園芸品種が多数ある。
原産地
ニュージーランド
生育
強健で栽培容易。水はけ日当り良く。耐寒温度は−5℃程度。
利用
庭植え、鉢植え。

品種

名称

コーヒー‘Coffee’

特徴
やや匍匐性。葉は緑色で臙脂色を帯び、低温期には緑色部分がなくなり臙脂色になる。
コプロスマ・レペンス ‘コーヒー’
千葉県習志野市、自宅
2012.12.29
コプロスマ・レペンス ‘コーヒー’
千葉県習志野市、自宅
2012.5.12
コプロスマ・レペンス ‘コーヒー’
冬の葉色
千葉県習志野市、自宅
2012.12.29
コプロスマ・レペンス ‘コーヒー’
花が咲いている
千葉県習志野市、自宅
2013.5.24
コプロスマ・レペンス ‘コーヒー’
千葉県習志野市、自宅
2013.5.24
名称

夕焼け小焼け‘Evening Glow’

特徴
やや匍匐性。葉は緑色に赤~オレンジ色の斑が入る。低温期には赤~オレンジ色が強く出る。
コプロスマ・レペンス ‘夕焼け小焼け’
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2013.6.2
コプロスマ・レペンス ‘夕焼け小焼け’
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2013.6.2
コプロスマ・レペンス ‘夕焼け小焼け’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.3.15
コプロスマ・レペンス ‘夕焼け小焼け’
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.3.15
TOPへ戻る