TOPへ戻る
最終更新日:2014.7.21
名称

ハクチョウゲ(白丁花)

英名
Tree of a thousand stars
学名
Serissa japonica
性状
低木/常緑、寒冷地では冬季落葉
大きさ
高さ:0.5~1m/葉長:0.5~2cm/花径:10~12mm
形態
株立ちでよく分枝し、枝は細く直線的に伸びる。葉は革質で光沢がある緑~濃緑色で、先が尖った楕円形で、全縁で、対生する。主に5~7月頃、秋遅くまで、長枝から出た短枝の先に花を多数咲かせる。花は筒状花で、先端は5裂し、平開して反り気味になり、裂片は先は尖り、縁が波打つ。
品種
斑入り葉のものや、花色が帯紫白色、また八重咲き、二重咲きなどの園芸品種がある。
原産地
日本(沖縄)、中国、台湾、インドシナ半島
生育
寒冷地には不適。日当たりよく。刈り込みに耐えるが、冬季は控えめに。株分け、挿し木で繁殖。
利用
庭木、公園樹。刈り込みに耐えるので、生け垣や盆栽に利用される。
ハクチョウゲ
千葉県千葉市、駐車場
2013.5.8
ハクチョウゲ
千葉県千葉市、駐車場
2013.5.8
ハクチョウゲ
千葉県千葉市、駐車場
2013.5.8
ハクチョウゲ
千葉県千葉市、駐車場
2013.5.8

品種

特徴
斑入り葉。花は白で中央に紫褐色の筋が入る。蕾も紫褐色。
ハクチョウゲ
東京都新宿区、集合住宅
2005.5.15
ハクチョウゲ
東京都新宿区、集合住宅
2005.5.15
特徴
八重咲き。蕾は薄い紫褐色。
ハクチョウゲ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2010.6.6
ハクチョウゲ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2013.5.27
NOTE
TOPへ戻る