最終更新日:2010.5.27
名称

ガクウツギ(額空木)

コンテリギ(紺照木)
学名
Hydrangea scandens
分類
Hydrangeaceae
Hydrangea(ヒドランゲア)
名の由来
「ガクウツギ」は、花は「ガクアジサイ」に似て、枝葉は「ウツギ」に似るところから。
「コンテリギ」は、日当たりの良い所では葉が暗紫色になるところから。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~2m/葉長:4~8cm/花序径:7~10cm
形態
樹形は株立ちになる。葉は長楕円形で、浅い鋸歯があり、先端は尾状に尖る。やや薄く、光沢があり、対生する。葉裏の脈腋には白い毛が密生する。5~6月に枝先に飾花と、両性花からなる散房花序を出す。装飾花の萼片は3個で白色、ときに黄色味を帯びる。両性花は淡黄緑色。花には強い香りがある。
品種
斑入り品種がある。
原産地
日本(関東地方西南部~九州)
生育
山地の沢沿いの斜面や林縁に自生する。
ガクウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
ガクウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
ガクウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30
ガクウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2008.4.30

品種

特徴
斑入り葉。
ガクウツギ
神奈川県相模原市、相模原麻溝公園
2010.5.4
ガクウツギ
神奈川県相模原市、相模原麻溝公園
2010.5.4
NOTE
ページ top