TOPへ戻る
最終更新日:2009.6.18
名称

バイカウツギ(梅花空木)

サツマウツギ(薩摩空木)
学名
Philadelphus satsumi
Philadelphus coronarius
名の由来
「バイカウツギ」は、梅のように香りのよい花が咲く「ウツギ」というところから。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~2m/葉長:4~12cm/花径:25~30mm/果長:0.7~0.9cm
形態
地際からたくさんの枝を出し、長い枝先は垂れ下がる。樹皮は灰褐色で縦に裂ける。葉は広卵形~長卵形で、細かい不整の鋸歯があり、対生する。5~6月に、枝先に集散花序を出し、花弁が4枚の白い花を数個つける。花には芳香がある。果実は蒴果で、逆円錐形。種子は褐色。
原産地
日本(北海道~九州)
成育
強健で栽培容易。姿が乱れやすい。
利用
庭植え。
バイカウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2009.6.14
バイカウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2009.6.14
バイカウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2009.6.14
TOPへ戻る