TOPへ戻る
最終更新日:2012.3.12
名称

アブラナ(油菜)

ナノハナ(菜の花)
ナタネ(菜種)
英名
Rape
学名
Brassica rapa var. amplexicaulis
Brassica campestris var. amplexicaulis
性状
一年草(秋~春の越年性)
大きさ
高さ:80~150cm/葉長:15~20cm/花径:15~25mm/果長:5~10cm
形態
秋に芽生え、ロゼット状で越冬し、早春に茎を伸ばす。葉は緑色で、縮緬状のしわがある。根生葉は不規則な羽状に深く切れ込み、鋸歯がある。茎生葉は上にいく程小さく、基部は茎を抱き、互生する。3~5月頃、伸ばした茎先に総状花序を作り、鮮黄色の4弁花を咲かせる。果実は長角果で上向きにつく。
品種
野菜の「カブ」、「コマツナ」、「ミズナ」、「ハクサイ」などとは同一種。
現在採油のための栽培の主流になっているのは、明治以降に欧米諸国から輸入された「セイヨウアブラナ B. napus」で、別種。
原産地
中央アジア
生育
強健で栽培容易。日当たりを好む。冬の寒さに充分当てないと春になっても花が咲かない。春になると青虫の食害を受けやすい。
利用
花壇植え、切り花の観賞用。薹(蕾と花茎)、葉は食用。種は採油される。
アブラナ
東京都新宿区、公園
2006.3.26
アブラナ
東京都新宿区、公園
2006.3.11
アブラナ
東京都新宿区、公園
2006.4.30
アブラナ
東京都新宿区、公園
2006.3.11
アブラナ
東京都新宿区、公園
2006.3.11

品種

名称

寒咲花菜(かんざきはなな)

特徴
年末頃から厳冬期にかけて花が咲く。
カンザキハナナ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.1.5
カンザキハナナ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.1.5
カンザキハナナ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.1.5
NOTE
TOPへ戻る