TOPへ戻る
最終更新日:2017.4.2
名称

ミズナ(水菜)

キョウナ(京菜)
学名
Brassica rapa var. nipposinica
Brassica campestris var. laciniifolia
名の由来
「ミズナ」は、畝間に水を引き入れて栽培していたことから。
性状
一年草(秋~翌初夏の越年性)
大きさ
高さ:60cm/花径:15~25mm
形態
秋に芽生え、ロゼット状で越冬し、早春に茎を伸ばす。葉は緑色で葉脈は白っぽく、深く鋭い切れ込みがあり、互生する。4月頃、伸ばした茎先に総状花序を作り、黄色の4弁花を咲かせる。
原産地
日本(京都府)
生育
冷涼な気候を好む。
利用
葉を生食、煮食、漬物など食用にする。
ミズナ
千葉県習志野市、畑
2017.1.3
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.1.1
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.3.11
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.3.28
ミズナ
千葉県千葉市、畑
2012.4.8
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.3.11
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.3.28
ミズナ
千葉県習志野市、自宅
2017.3.28
NOTE
TOPへ戻る