TOPへ戻る
最終更新日:2014.8.18
名称

イキシア<園芸品種・種間交雑種>

学名
Ixia cvs.
性状
多年草/夏季休眠/球根(球茎)
大きさ
高さ:20~50cm/球茎径:2cm
形態
葉は剣形で、根生する。4~5月頃、細い花茎を伸ばして、穂状花序を作り、下から順次カップ形やじょうご形の花を咲かせる。花後に地上部が枯れ、初夏~秋は休眠する。
原産地
種間交雑の園芸品種。
原種は南アフリカのケープタウン原産のものが多く、50種あまりが知られている。
生育
日当たりを好む。寒さにやや弱い。連作を嫌う。休眠中は断水する。
利用
庭植え、鉢植え、切花。
イキシア
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
イキシア
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
イキシア
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
イキシア
千葉県習志野市、公園
2013.5.19
イキシア
千葉県習志野市、公園
2013.5.19
TOPへ戻る