TOPへ戻る
最終更新日:2014.9.1
名称

アキノエノコログサ(秋の狗尾草)

英名
Giant foxtail, Japanese bristlegrass
学名
Setaria faberi
名の由来
「アキノエノコログサ」は、「エノコログサ」よりも遅く、秋に花を咲かせることから。
性状
一年草
大きさ
高さ:50~90cm/葉長:30~40㎝/花序長:7~15cm
形態
葉は披針形で、表面にまばらに毛があることが多い。7~11月頃、円柱形の花穂をつける。花穂は細長く、先が垂れ下がる。小穂の付け根から長い緑色の剛毛が出る。毛は紫がかる場合もある。
原産地
日本全国、朝鮮、中国、サハリン
生育
日当たりの良い草原、空地、路傍などに自生する。
アキノエノコログサ
千葉県千葉市、河原の土手
2012.9.29
アキノエノコログサ
花序
千葉県千葉市、河原の土手
2012.9.29
TOPへ戻る