TOPへ戻る
最終更新日:2016.2.1
名称

テオシント

英名
Mexican teosinte, Teosinte
学名
Zea mays subsp. mexicana
性状
一年草/雌雄異花
大きさ
高さ:3~4m/葉長:30~40cm
形態
茎は直立し、分枝する。雄花序は茎の先端に出る。雌花序は葉の基部に包葉に包まれ、雌しべだけが包葉から外に出る。果穂は円柱状で、種子が10粒程度入る。
原産地
中央アメリカ
生育
強い耐湿性がある。
利用
食用にはならない。
テオシント
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
テオシント
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2014.8.31
NOTE
TOPへ戻る