TOPへ戻る
最終更新日:2017.6.1
名称

ホコシダ(鉾羊歯)

英名
Slender brake, Silver lace fern, Sword brake fern, Slender brake fern
学名
Pteris ensiformis
名の由来
「ホコシダ」は、葉の形状が矛に似ていることから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~60cm/葉長:20cm/葉柄長(栄養葉):6~10cm/葉柄長(胞子葉):15~25cm/葉幅(栄養葉):8~15mm/葉幅(胞子葉):5~8mm
形態
地中では根茎が短く這い、葉は叢生する。栄養葉と胞子葉がある。二回羽状複葉で、頂羽片がある。小羽片は長楕円形〜線形で円頭~鋭頭で、不規則な細鋸歯がある。栄養葉は2〜5対の側羽片がつく。胞子葉は3〜5対の側羽片がつく。胞子葉の葉柄は長く立ち上がり、葉幅は栄養葉より狭く、ソーラスのつかない部分にだけ鋸歯がある。下部の羽片は2~3裂することもある。ソーラスは葉裏の縁につき、葉縁はやや裏側に巻き込まれる。
品種
欧米で古くから栽培され、葉に斑が入る品種が流通する。
原産地
日本(九州、沖縄)、台湾、中国、東南アジア、オセアニア
生育
日当たりのいい明るい山麓や路傍などに自生。
利用
鉢植え。

品種

名称

ヴィクトリアエ‘Victoriae’

特徴
葉の中心部から葉脈に沿って白い斑が入る。
ホコシダ ‘ヴィクトリアエ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2017.5.26
ホコシダ ‘ヴィクトリアエ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2017.5.26
TOPへ戻る