TOPへ戻る
最終更新日:2014.9.11
名称

キヅタ(木蔦)

フユヅタ(冬蔦)
学名
Hedera rhombea
名の由来
「フユヅタ」は、落葉性の「ナツヅタ」に対比させて。
性状
木本/常緑/蔓性(吸着根)
大きさ
葉長:3~6cm/葉柄長:1~3cm/果径:6~7mm
形態
枝より気根を出して木や岩に這い登って成長する。葉はやや光沢がある濃緑色で、全縁で、葉柄があり、互生する。幼葉のうちは掌状に3~5裂し、成熟すると卵形になる。ある程度以上生育して蔓が上の方にまで伸びると、10~11月頃、枝先に球形の散形花序を作り、黄緑色の花を咲かせる。果実は液果で、褐色~黒紫色に熟す。果実は球形で黒っぽいベレー帽をかぶったような独特な姿。
原産地
日本(本州~南西諸島)、朝鮮半島、台湾、中国東部
生育
強健で栽培容易。明るい日影を好む。
利用
観葉、壁面緑化。
キヅタ
千葉県習志野市、住宅
2016.4.12
キヅタ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
キヅタ
東京都あきる野市
2014.6.28
キヅタ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
キヅタ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
キヅタ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
キヅタ
東京都新宿区、住宅
2005.11.14
キヅタ
タワシのような気根
東京都あきる野市
2014.6.28
キヅタ
葉と花
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
キヅタ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
TOPへ戻る