TOPへ戻る
最終更新日:2012.4.5
名称

シェフレラ

ヤドリフカノキ(宿り鱶の木)
英名
Umbrella tree
学名
Schefflera arboricola
性状
低木~小高木/常緑/登攀性
大きさ
高さ:3~7m/葉長:8~12cm/花序長:10~15cm/花径:8mm
形態
枝はよく分枝し、大きくなると他物によりかかり登攀して育つ。原種は先の尖った小葉7~11枚からなる掌状複葉で全縁、互生。大株になると地味な花を咲かせ、実がなる。実は最初は黄色で、次第に赤、黒へと変化する。
品種
栽培されるのは丸葉系の「‘ホンコン’」が主流で、他に斑入りや葉形の違う品種がある。
原産地
日本(鹿児島県以南)、中国南部、台湾
生育
弱光線に強い。
利用
インドアの観葉植物としてよく栽培されるが、低温にも強くて丈夫なので、地植えで育っているものも多い。

品種

特徴
斑入り葉。
シェフレラ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2005.9.11
名称

ホンコン‘Hong Kong’

特徴
葉の先端が丸い。
シェフレラ ‘ホンコン’
東京都新宿区、駐車場
2005.8.19
シェフレラ ‘ホンコン’
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2005.6.7
シェフレラ ‘ホンコン’
果実
東京都新宿区、ビル
2005.7.17
名称

ホンコン斑入り‘Hong Kong Variegata’

特徴
葉の先端が丸く、葉に斑が入る。
シェフレラ ‘ホンコン斑入り’
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2005.8.19
NOTE
TOPへ戻る