TOPへ戻る
最終更新日:2017.6.15
名称

キュウリ(胡瓜)

英名
Cucumber, Gherkin
学名
Cucumis sativus
名の由来
Cucumber」は、サラダなどに使う大きい品種。
Gherkin」は、酢漬け用の小さい品種。
性状
一年草/蔓性(巻きヒゲ)/雌雄異花
大きさ
葉身長:15~30cm/花径:30mm
形態
茎は五角形で全体に毛があり、軟弱で、巻きヒゲで他物に絡みつきながら、よじ登ったり地面を匍匐したりしながら成長する。葉は心形で5浅裂し、粗い鋸歯があり、長い葉柄があり、互生する。巻きヒゲは葉腋から出る。葉腋に黄色い雄花と雌花をやや下向きに咲かせる。果実は、通常長楕円球形の瓜状果で、まばらに粗い棘があり、緑色→黄色に熟す。単為結果のため雄花がなくても結実する。
品種
果実の形や大きさ、色合いなどが様々な品種がたくさんある。
原産地
インド北部、ヒマラヤ
生育
日当たりと湿潤地を好む。高温と乾燥に弱い。
利用
未熟な果実を食用にする。
キュウリ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.14
キュウリ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.14
キュウリ
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
キュウリ
雄花
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
キュウリ
雌花
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
キュウリ
果実(未熟)
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
キュウリ
果実(未熟)
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
キュウリ
果実(未熟)
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.14
キュウリ
果実(未熟)
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8
TOPへ戻る