TOPへ戻る
最終更新日:2016.2.1
名称

ヤマハゼ(山櫨、山黄櫨)

学名
Toxicodendron sylvestre
Rhus sylvestris
性状
高木/冬季落葉/雌雄異株
大きさ
高さ:6〜10m/葉長:20〜40cm/小葉長:5〜7cm/雄花序長:8〜15cm/雌花序長:8〜15cm/花径:3〜4mm/果長:0.7〜0.8cm
形態
樹皮は滑らかな灰褐色で、小さな皮目が多い。葉は、小葉9〜15枚からなる奇数羽状複葉で、互生する。小葉は長卵形〜長楕円形で、先が尖る。両面ともに短毛が生え、全縁。秋に紅葉する。5〜6月頃、枝先の葉腋から円錐花序を出し、5弁花を多数咲かせる。花弁は薄黄緑色で、反り返る。果実は扁球形の核果で、9〜10月頃、光沢がある淡褐色に熟す。その後、外果皮が剥がれて、縦筋があり白い蝋質の中果皮が露出、それも剥がれると飴色の核が残る。
類似
「ハゼノキ」の葉は両面が無毛。葉の先端は細長く尖る。
「ヤマハゼ」の葉は両面に短毛が生える。葉の先端は尖る。
原産地
日本(本州関東地方〜沖縄)、朝鮮、中国、台湾
生育
山地や丘陵に自生する。
利用
樹皮が染色をするために利用された。
ヤマハゼ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
ヤマハゼ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
ヤマハゼ
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
ヤマハゼ
果実
東京都文京区、小石川植物園
2012.11.13
NOTE
TOPへ戻る