TOPへ戻る
最終更新日:2017.6.15
名称

ハクウンボク(白雲木)

オオバヂシャ(大葉萵苣)
英名
Fragrant snowbell
学名
Styrax obassia
名の由来
「ハクウンボク」は、白い花が群がるように咲く様子を“白雲”にたとえた。
性状
小高木~高木/冬季落葉
大きさ
高さ:6~15m/葉長:10~25cm/花序長:10~20cm/花径:20mm/果長:12~16mm
形態
枝を斜めに伸ばし、半円形の樹形を作る。樹皮は暗灰色で、若枝は緑色だが2年枝からは暗い紫褐色。成熟した1年枝は、皮が縦に薄くはがれる。枝は節で軽く屈折する。葉は円形~倒卵形で上部の縁にわずかに鋸歯があり、互生する。5~6月に、1年枝の先端に総状花序を垂らし、5枚花弁の白花を咲かせる。果実は蒴果で、白緑色の球形~卵形で、10月頃に熟すと果皮が裂け、中から褐色で堅い1種子を出す。
原産地
日本(北海道~九州の山地)
生育
日当たり~やや日陰。実生5年目くらいで開花。繁殖は実生。
利用
庭木、庭園樹、公園樹。材は器具に加工される。
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2007.5.3
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2007.5.3
ハクウンボク
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
ハクウンボク
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
ハクウンボク
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.7.11
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2005.9.1
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2006.2.10
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2007.5.3
ハクウンボク
東京都新宿区、戸山公園
2007.5.3
NOTE
TOPへ戻る