TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.15
名称

ジギタリス・グランディフロラ

オオキバナジギタリス(大黄花ジギタリス)
タイリンキバナジギタリス(大輪黄花ジギタリス)
英名
Yellow foxglove
学名
Digitalis grandiflora
性状
二年草(春~翌年夏)
大きさ
高さ:60~120cm/葉身長:15~25m/花序長:40~50cm/花径:30~40mm
形態
根生葉が叢生する。根生葉は先が尖った長卵形で皺があり毛に覆われ、鋸歯がある。播種後2年目の春に茎が伸びて直立し、茎生葉が互生する。茎生葉は根生葉より小さく、幅が狭い。5~7月頃、茎頂に総状花序を作り、葉腋から鐘形の花を下から順に、斜め下向きに咲かせる。萼は5深裂し、花は筒状で先端が4裂し、下側の1片が大きい。花冠はクリームイエローで、内側には褐色の網目模様が入る。果実は蒴果。
原産地
ヨーロッパ、中央アジア
利用
全体が有毒。
ジギタリス・グランディフロラ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ジギタリス・グランディフロラ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ジギタリス・グランディフロラ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ジギタリス・グランディフロラ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
TOPへ戻る