TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.15
名称

キツネノテブクロ(狐の手袋)

ジギタリス
英名
Foxglove, Fairy caps
学名
Digitalis purpurea
名の由来
Foxglove」は、筒状の花を指にさし、魔除けなどに用いた習俗から。
「キツネノテブクロ」は、英名の和訳。
性状
二年草(春~翌年夏)
大きさ
高さ:60~140cm/葉身長:15~25m/花序長:40~50cm/花径:40~50mm
形態
根生葉が叢生する。根生葉は先が尖った長卵形で縮緬状の皺があり、鋸歯がある。播種後2年目の春に茎が伸びて直立し、茎生葉が互生する。茎生葉は根生葉より小さく、幅が狭い。5~7月頃、茎頂に総状花序を作り、鐘形の花を下から順に咲かせる。萼は5深裂し、花は筒状で先端が4裂し、下側の1片が大きい。花冠の外側は紫紅色、内側には白く縁取られた濃色の斑点がある。果実は広卵形の蒴果で、腺毛に覆われ、細かい種子が多数入る。
品種
様々な花色の園芸品種がある。
「ジギタリス・グランディフロラ Digitalis grandiflora」との交雑種の「ジギタリス・フルバ Digitalis x fulva」がある。
原産地
ヨーロッパ、中央アジア
生育
種子は好光性。湿気の少ない冷涼な環境を好む。 真夏の直射日光や西日は避ける。
利用
花壇植え。葉を強心利尿の薬用に利用されるが、劇薬で毒性が強い。
キツネノテブクロ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
キツネノテブクロ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
キツネノテブクロ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
キツネノテブクロ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
キツネノテブクロ
千葉県習志野市、公園
2008.5.17
キツネノテブクロ
千葉県習志野市、公園
2008.5.17
キツネノテブクロ
千葉県習志野市、公園
2008.5.17
キツネノテブクロ
千葉県習志野市、公園
2008.5.17
NOTE
TOPへ戻る