最終更新日:2010.5.27
名称

ムシクサ(虫草)

英名
Purslane speedwell, Neckweed
学名
Veronica peregrina
分類
Plantaginaceae
Veronica(ウェロニカ)
名の由来
「ムシクサ」は、果実に虫こぶができることから。
性状
一年草(早春~夏)
大きさ
高さ:6~20cm/葉長:0.8~2.5cm/花径:2~3mm/果径:0.3~0.4cm
形態
茎は下の方で枝分かれし、直立する。葉は下の方では対生、上部では互生する。形は狭披針形~広線形で、下の葉には粗めの鋸歯があり、上部ではほとんどないか全縁になる。4~5月頃、葉脇に小さな白い花をひとつづつつける。雄しべは2個、雌しべは1個。萼片は4個で、花よりも大きく、果実の時期にも残る。果実は、平たいハート形。果実にはしばしば「ムシクサツボミタマフシ」という昆虫が産卵して虫えいができ、球状にふくれる。
原産地
日本(本州~沖縄)、アジア、北アメリカ、オーストラリア
生育
路傍や田圃、畑の畦道など、やや湿った場所に自生。
ムシクサ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.4.15
ムシクサ
果実
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.4.15
ページ top