TOPへ戻る
最終更新日:2011.10.24
名称

トウテイラン(洞庭藍)

ヴェロニカ・オルナタ
学名
Veronica ornata
名の由来
「洞庭藍」は、花の色が中国の有名な湖、洞庭湖の水の色のように美しい藍色をしているというところから。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:40~50cm/花序長:15cm/花径:7mm
形態
茎は直立をする。葉茎は全体が白い毛に覆われ、白緑色になる。葉は先端のやや尖った長楕円形で、ごく浅い鋸歯があり、対生する。8~10月頃、茎先に総状花序を出し、青紫色の花を咲かせる。花冠は筒状で、先端は4裂する。萼片は4枚、雄しべは2本、雌しべは1本。
品種
白花の品種がある。
原産地
日本(近畿、中国地方の日本海側)
生育
海岸地帯に自生。日当たりと水はけ良く。
利用
花壇植え、鉢植え。
トウテイラン
千葉県千葉市、花の美術館
2011.9.17
トウテイラン
千葉県千葉市、花の美術館
2011.9.17
トウテイラン
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
トウテイラン
千葉県千葉市、花の美術館
2011.9.17
トウテイラン
千葉県千葉市、花の美術館
2011.9.17
TOPへ戻る