TOPへ戻る
最終更新日:2006.7.14
名称

ビヨウヤナギ(未央柳、美容柳)

学名
Hypericum monogynum
Hypericum chinense
Hypericum chinense var. salicifolium
名の由来
「ビヨウヤナギ」は、花が美しく、葉が柳に似ているところから。
性状
小低木/小低木/常緑(寒冷地では冬季落葉)
大きさ
高さ:0.5~1m/葉長:4~7cm/花径:40~60mm
形態
株立ちになる。枝は丸く、光沢のある明るい褐色でよく分枝する。葉は無柄で、長楕円形。十字対生状につき、透明な腺点が多数ある。6~7月に、濃黄色の花を咲かせる。花は枝の先につき、単生または3~7個が集散花序につく。花弁は5枚で、花弁より長い多数の雄しべは5つの束に分かれる。果実は蒴果。
品種
葉に斑が入る品種がある。
原産地
中国
生育
日当たり良く、有機質の土壌に。冬に根元まで刈り込むとコンパクトにまとまる。繁殖は株分け。
利用
庭の下木、公園樹、鉢植え。
ビヨウヤナギ
東京都新宿区、集合住宅
2006.6.3
ビヨウヤナギ
紅葉
東京都新宿区、緑地帯
2005.12.30
ビヨウヤナギ
東京都新宿区、緑地帯
2006.6.7
ビヨウヤナギ
東京都新宿区、緑地帯
2006.6.6
NOTE
TOPへ戻る