TOPへ戻る
最終更新日:2007.10.9
名称

オキザリス・レグネリー

オキザリス・トライアングラリス
英名
Wood sorrel, False shamrock(葉が緑のもの)
Purple shamrock(葉が紫のもの)
学名
Oxalis regnellii
名の由来
「トライアングラリス」は、葉の形が三角形をしているところから。
性状
多年草/冬季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:15~30cm/小葉長:2.5~3cm/花径:20~40mm
形態
葉は地際から叢生し、三出複葉で、小葉は逆三角形。葉色は、緑のものと赤紫色のものがある。休眠期を除いてほぼ周年、最盛期は5~6月頃、花茎を出し、散形花序を作り、5弁花を咲かせる。花弁は白~淡桃色で、中心部は黄緑色。真冬に地上部が枯れるが、春にはまた新芽が出る。
原産地
ブラジル
利用
グラウンドカバー、鉢植え。
オキザリス・レグネリー
東京都新宿区、ビル
2007.10.4
オキザリス・レグネリー
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2005.6.1
オキザリス・レグネリー
東京都新宿区、ビル
2007.10.4
NOTE
TOPへ戻る