TOPへ戻る
最終更新日:2007.3.25
名称

オオシマカンスゲ(大島寒菅)

英名
Oshima sedge
学名
Carex oshimensis
名の由来
「オオシマカンスゲ」は、伊豆諸島の大島が原産であることから。
性状
多年草/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:30cm/葉幅:5~6mm
形態
細くてやや厚みのある固い根生葉が叢生する。葉の縁には細かいギザギザがある。葉は固くて縁がざらざら。葉の断面はV字形。葉の根元は黒紫色で、根元から匍匐茎を出す。4月頃、多数の花茎を出す。先端には褐色で細長い紡錘形の雄小穂が、それより下の花茎からは数個の雌小穂がつく。
原産地
日本(伊豆諸島)
オオシマカンスゲ
東京都調布市、神代植物公園
2007.3.24
TOPへ戻る