最終更新日:2012.7.30
名称

カンナ・グラウカ

英名
Water canna
学名
Canna glauca
分類
Cannaceae
Canna(カンナ)
性状
多年草/常緑(温帯では冬季休眠)/球根(根茎)/水性(湿性~挺水)
大きさ
高さ:1.2~1.8m/葉長:25~50cm/花長:70~100mm/果径:30mm
形態
葉は先が尖った長卵形~長楕円形で、灰色を帯びた青緑色で、基部は茎を抱く。6~10月頃、茎頂に総状花序を作り、薄黄色の花を咲かせる。果実は表面に柔らかい棘のある球形の蒴果。
類似
花は「カンナ」に比べると細弁。
品種
花色が黄色、橙色、赤、ピンクなどの品種がある。
原産地
熱帯アメリカ
生育
日当たりの良い沼沢地や湿地に自生する。寒さに弱い。種子で繁殖できる。
利用
庭植え(池など)、鉢植え(腰水栽培)、切り花

品種

特徴
園芸品種。
カンナ・グラウカ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
カンナ・グラウカ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
NOTE
ページ top