TOPへ戻る
最終更新日:2007.6.8
名称

ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

学名
Campanula punctata var. hondoensis
名の由来
「ヤマホタルブクロ」は、名に山とつくが、自生場所は「ホタルブクロ」とほぼ同じ。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:40~80cm/葉長:4~6cm/花長:40~50mm
形態
匍匐枝を横に出して増殖する。全体に短い粗毛が生える。葉は三角状卵形または披針形で、不揃いの鋸歯があり、互生する。上部の葉には葉柄は短いか無いが、根出し葉には長い柄があり卵心形になる。上方の葉腋に花柄を出し、6~7月に大きな袋状の花を咲かせる。花色は個体差があり、白色~濃赤紫色で、濃い紫色の斑点がある。萼の基部が膨れて盛り上がる。花後、地上部が枯れて休眠する。
類似
「ホタルブクロ」の変種。「ホタルブクロ」は萼片と萼片の間に裂片があり、裂片が上にそり返る。「ヤマホタルブクロ」は裂片はなく、萼の基部が膨れて盛り上がる。
原産地
日本(北海道西南部~九州)、朝鮮、中国、シベリア
生育
日当たりと水はけ良く。地下茎で容易に増える。
利用
庭植え、鉢植え。
ヤマホタルブクロ
東京都新宿区、公園
2007.5.24
ヤマホタルブクロ
千葉県千葉市、集合住宅
2007.5.26
TOPへ戻る