最終更新日:2017.8.1
名称

キキョウソウ(桔梗草)

ダンダンギキョウ(段々桔梗)
英名
Common Venus looking glass
学名
Triodanis perfoliata
Specularia perfoliata
分類
Campanulaceae
Triodanis(トリオダニス)
性状
一年草
大きさ
高さ:30~80cm/葉径:1~2cm/花径:15~18mm
形態
茎は稜があり、基部で分岐して直立する。茎、葉、萼など全体に白毛がある。茎につく葉は惰円形で粗い鋸歯があり、基部は茎を抱く。5~7月頃、葉脇に1~3個の花がつく。花冠は薄赤紫色で5裂し、萼片も5個。他に、開花せずに同花受粉によって結実する閉鎖花もつける。閉鎖花の萼片は3個で短い。果実は円筒形の蒴果。熟すと中央部に孔が開き種子が落ちる。
原産地
北アメリカ
生育
日当たりのよい草地、路傍などに自生。
キキョウソウ
千葉県習志野市、路傍
2012.5.17
キキョウソウ
千葉県千葉市、公園
2016.5.29
キキョウソウ
千葉県習志野市、路傍
2012.5.18
キキョウソウ
千葉県習志野市、路傍
2012.5.26
キキョウソウ
千葉県習志野市、路傍
2012.5.17
キキョウソウ
果実
千葉県習志野市、路傍
2012.5.18
キキョウソウ
果実
千葉県千葉市、公園
2016.5.29
ページ top