TOPへ戻る
最終更新日:2014.10.6
名称

シロタエギク(白妙菊)

ダスティーミラー
英名
Dusty miller
学名
Cineraria maritima
Senecio bicolor subsp. Cineraria
Senecio cineraria
名の由来
「ダスティーミラー」は、“粉まみれの粉ひき屋”の意。白く粉をふいたような葉の状態から。
性状
多年草、または亜低木/常緑
大きさ
高さ:15~60cm/頭状花径:10mm
形態
葉茎は銀白色のフェルト状になっている。葉は切れ込みが入り、互生する。若い苗ほど葉色の白が強い。6~8月頃、花茎を伸ばし、散房花序に舌状花も筒状花も黄色い頭状花を多数咲かせる。
品種
葉にほとんど切れ込みがないものや、矮性種などの品種がある。
原産地
地中海沿岸
生育
強健で栽培容易。戸外の直射日光下で乾き気味に管理。耐暑性、 耐寒性に優れている。繁殖は実生、挿し芽。花が咲くのは実生翌々年以後。
利用
主として葉を観賞。花壇や寄せ植えでの脇役として。
シロタエギク
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
シロタエギク
千葉県千葉市、緑地
2013.6.9
シロタエギク
千葉県千葉市、緑地
2013.6.9
シロタエギク
千葉県千葉市、緑地
2013.6.9

品種

名称

シリウス‘Sirius’

特徴
葉は厚みがあって、ほとんど切れ込みがない。
シロタエギク
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.3
シロタエギク
千葉県習志野市、公園
2013.5.17
NOTE
TOPへ戻る