TOPへ戻る
最終更新日:2013.5.13
名称

ハルジオン(春紫苑)

英名
Common fleabane, Philadelphia fleabane
学名
Erigeron philadelphicus
名の由来
「ハルジオン」は、シオン属の「シオン(紫苑) Aster tataricus」に似て春に咲くことから。
性状
多年草/ロゼット状で越冬
大きさ
高さ:30~80cm/頭状花径:20~25mm
形態
茎は直立し、あまり分枝しない。茎は中空。葉茎は明るい緑色で、まばらに毛が生える。葉は先が尖った長楕円形で、粗くまばらな鋸歯があり、基部は茎を抱き、互生する。根元にはへら形で長い柄がある根生葉があり、花の時期にも残ることが多い。4~6月頃、茎先が分枝して先端に頭状花をつける。中央部の筒状花は黄色で舌状花はごく細く、淡桃色~白色。蕾のうちは、花柄が曲がって垂れ下がる。
類似
ヒメジョオン」の蕾は上向きで花数が多い。「ハルジオン」の蕾は花柄が曲がって垂れ下がる。
原産地
北アメリカ
生育
日本全国に帰化。空地や道端などに自生する。
ハルジオン
千葉県習志野市、宅地
2013.5.2
ハルジオン
千葉県習志野市、緑地
2013.5.1
ハルジオン
花序
千葉県習志野市、公園
2013.5.3
ハルジオン
花序
千葉県習志野市、緑地
2013.5.2
ハルジオン
根生葉
千葉県習志野市、緑地
2013.5.2
ハルジオン
茎生葉
千葉県習志野市、緑地
2013.5.2
ハルジオン
千葉県習志野市、緑地
2013.5.1
ハルジオン
花と蕾
千葉県習志野市、緑地
2013.5.1
TOPへ戻る