最終更新日:2017.10.1
名称

クンショウギク属

ガザニア
クンショウギク(勲章菊)
英名
Treasure flower
学名
Gazania
分類
Asteraceae (Compositae)
Gazania(ガザニア)
名の由来
「クンショウギク」は、整った花の形と、蛇の目のような色合いから。
解説
原種は「ジャノメクンショウギク(蛇の目勲章菊) G. rigens」や「ハネバクンショウギク(羽葉勲章菊) G. pinnata」など、40種程が知られている。種間交雑の園芸品種が多く作出されており、種の特定は難しい。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:15~30cm/葉長:15~20cm/頭状花径:6~8cm
形態
地下茎から新しい茎を出してカーペット状に広がる。根生葉を叢生する。葉はへら形や切れ込みのあるへら形。5~10月頃、花柄を伸ばして頭状花を咲かせる。舌状花は黄橙色で、基部は黒褐色。花は日中だけ開いて夜や曇天では閉じる開閉運動を繰り返す。
品種
「花色は黄色、オレンジ色、白色、ピンク色や複色など。葉は切れ込みのあるものやないもの、斑入り葉、シルバーリーフの品種などが豊富にある。
原産地
南アフリカ
生育
日当たりと水はけ良く。高温多湿に弱い。耐寒温度は-3℃程度。繁殖は挿し芽、種蒔き、株分けなど。
利用
花壇植え、鉢植え。
クンショウギク属
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
クンショウギク属
千葉県習志野市、公園
2013.5.21
クンショウギク属
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
クンショウギク属
千葉県千葉市、集合住宅
2010.6.6
クンショウギク属
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
クンショウギク属
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.5.16
クンショウギク属
千葉県千葉市、店舗
2016.5.9
クンショウギク属
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
クンショウギク属
千葉県習志野市、公園
2013.5.21
クンショウギク属
千葉県千葉市、集合住宅
2010.6.6
クンショウギク属
千葉県習志野市、緑地
2013.5.17
クンショウギク属
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.5.16
NOTE
ページ top