最終更新日:2012.8.20
名称

カレープラント

英名
Curry plant, Italian everlasting
学名
Helichrysum italicum
分類
Asteraceae (Compositae)
Helichrysum(ヘリクリスム)
名の由来
「カレープラント」は、葉に触れるとカレーのようなスパイシーな香りがすることから。
性状
小低木/常緑
大きさ
高さ:30~60cm/葉長:2~3cm/頭状花径:6~7mm
形態
茎は直立し、よく分枝する。若い茎は産毛に覆われるが、次第に木質化する。葉は披針形で、柔らかい毛に覆われた銀白色で、互生する。6~8月頃、茎頂に散房花序を作り、カサカサした黄色い筒状花だけの頭状花をたくさん咲かせる。果実は痩果。
原産地
地中海沿岸
生育
乾燥した岩場や砂地などに自生する。過湿に弱い。
利用
庭植え、鉢植え、ドライフラワー。
カレープラント
花が咲いている
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
カレープラント
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
カレープラント
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ページ top