最終更新日:2012.8.13
名称

フレンチマリーゴールド

コウオウソウ(紅黄草)
英名
French marigold
学名
Tagetes patula
分類
Asteraceae (Compositae)
Tagetes(タゲテス)
名の由来
「フレンチマリーゴールド」は、フランスに導入され、そこから広がったので。
「マンジュギク」は、開花期間がとても長いことから。
性状
一年草
大きさ
高さ:10~50cm/葉長:7~15cm/頭状花径:2~4cm
形態
株元から分枝する。葉は羽状複葉で、小葉には鋸歯があり、互生または対生する。6~11月頃、黄色や橙色、赤褐色などの球状の頭花をつける。全草に独特の強い香りがある。
品種
園芸品種が多数ある。
原産地
メキシコ
生育
強健で栽培容易。
利用
花壇植え、鉢植え。根の分泌物は土壌中の線虫を殺すことから、野菜栽培などのコンパニオンプランツとして利用される。
フレンチマリーゴールド
高性種と矮性種
千葉県習志野市、緑地
2012.8.7
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フレンチマリーゴールド
千葉県習志野市、公園
2007.8.4
フレンチマリーゴールド
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
フレンチマリーゴールド
千葉県千葉市、花の美術館
2012.7.25
ページ top