TOPへ戻る
最終更新日:2012.8.13
名称

ヒャクニチソウ(百日草)

英名
Common zinnia
学名
Zinnia violacea
Zinnia elegans
名の由来
「ヒャクニチソウ」は、開花期間が長いので。
性状
一年草
大きさ
高さ:20~100cm/葉長:4~12cm/頭状花径:4~12cm
形態
茎は直立する。葉は先が尖った長卵形で、基部は茎を抱き、対生する。6~11月頃、茎頂に薄赤紫色の頭状花を咲かせる。中心部の筒状花は、外側から1列ずつ開花していく。花冠は黄色で、先が5裂し、黄色の毛が密生する。筒状花の基部には紅紫色の苞がある。果実は痩果。
品種
園芸品種が多数ある。花色は赤、黄色、オレンジ色、ピンク色、藤色、あずき色、黄緑色、白などがある。花形は一重咲き、八重咲き、ポンポン咲き、さじ弁で重ねの厚い八重咲きになるダリア咲き、管弁のカクタス咲きなどがある。
原産地
南北アメリカ、メキシコ
生育
強健で栽培容易。種蒔きは4~5月頃。連作を嫌う。
利用
花壇植え、鉢植え、切花。
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県習志野市、住宅
2010.6.6
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県習志野市、住宅
2010.6.6
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
ヒャクニチソウ
千葉県山武郡九十九里町、九十九里ハーブガーデン
2012.7.28
TOPへ戻る