TOPへ戻る
最終更新日:2006.3.23
名称

コルディリネ・ストリクタ

アオドラセナ(青ドラセナ)
学名
Cordyline stricta
名の由来
「青ドラセナ」の名で流通するが、「ドラセナ」は別属。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~3m/花径:8~10mm
形態
細い茎はは単一または分岐し、先端に剣状の細い葉を密生する。葉は光沢のない濃緑色で、剣状で葉柄がなく、中程から垂れ下がる。6~7月に、茎の先端に花序をつけ、薄赤紫色の集合花を咲かせる。果実は球形の液果で、朱色に熟す。
品種
園芸品種がある。
原産地
オーストラリア
生育
低温や日陰に強く、丈夫。酷暑に弱い。
利用
鉢植え観葉。
コルディリネ・ストリクタ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2005.5.18
コルディリネ・ストリクタ
花が咲いている
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.3.23
コルディリネ・ストリクタ
東京都新宿区、新宿御苑、温室
2006.3.23
TOPへ戻る