TOPへ戻る
最終更新日:2016.5.1
名称

ツリガネズイセン(釣り鐘水仙)

ヒヤシンソイデス・ヒスパニカ
シラー・カンパニュラータ
英名
Spanish bluebell
学名
Hyacinthoides hispanica
Scilla hispanica
Scilla campanulata
Endymion hispanicus
名の由来
「ツリガネズイセン」は、葉が「スイセン」に似て、釣鐘形の花を咲かせるところから。
「シラー・カンパニュラータ」は、旧学名。
性状
多年草/夏季休眠/球根(鱗茎)
大きさ
高さ:30~50cm/葉長:20~50cm/花径:15~25mm/果長:1.5~2cm/種子径:2mm
形態
葉は線形で地際から叢生する。5月頃、花茎をまっすぐに伸ばして、淡青色の下垂したベル状の花を10個~30個、総状に咲かせる。花冠の先端は6つに裂け、外側に反り返る。
品種
花色は、紫、青紫、ピンク、白のものがある。
原産地
スペイン、ポルトガル、北アフリカ
生育
強健で栽培容易。耐陰性もある。植えっぱなしでよく増える。種子からも育つ。
利用
花壇植え、鉢植え。鱗茎部が有毒。
ツリガネズイセン
千葉県習志野市、公園
2013.5.1
ツリガネズイセン
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
ツリガネズイセン
東京都新宿区、住宅
2008.4.28
ツリガネズイセン
東京都新宿区、緑地帯
2007.4.29

品種

ツリガネズイセン
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
ツリガネズイセン
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2008.4.27
ツリガネズイセン
千葉県習志野市、公園
2013.5.2
ツリガネズイセン
千葉県八千代市、京成バラ園
2016.4.19
ツリガネズイセン
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
ツリガネズイセン
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
NOTE
TOPへ戻る