TOPへ戻る
最終更新日:2008.7.28
名称

コヤブラン(小薮蘭)

リュウキュウヤブラン(琉球薮蘭)
学名
Liriope spicata
Liriope spicata f. koreana
Liriope gracilis
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:20~40cm/葉幅:4~7mm/花序長:10~15cm/花径:6~7mm/果径:6~7mm
形態
根茎は短く、走出枝(匐枝)を伸ばしてまばらに広がり群落を作る。葉は平たく細長い線状で、根元から叢生する。7〜9月頃、花茎を出し、淡紫色の小花多数を穂状につける。花は、昼間開き、夜間は閉じる。果実は痩果で果皮は薄くすぐ脱落する。種子は秋に光沢のある黒紫色に熟す。
類似
ヤブラン」に似ているが、全体に小振りで葉の幅が狭い。花色も薄くくすんだ色。走出枝(匐枝)を伸ばして四方八方に広がり、ぱらぱらとまばらでまとまらない。
原産地
日本(本州中部~沖縄)、台湾、中国大陸、朝鮮半島、インドシナ
生育
山地の林内などに自生。
利用
日当たりのあまり良くない樹木下の広範囲のグランドカバー。
コヤブラン
東京都新宿区、新宿御苑
2008.7.21
コヤブラン
東京都新宿区、新宿御苑
2008.7.21
コヤブラン
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
TOPへ戻る