最終更新日:2017.10.15
名称

ヤブラン(薮蘭)

英名
Big blue lilyturf
学名
Liriope muscari
Liriope platyphylla
分類
Asparagaceae
Liriope(リリオペ)
名の由来
「ヤブラン」は、葉が蘭に似て、薮に生えるところから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~50cm/葉幅:10mm/花序長:10~15cm/花径:6~7mm/果径:6~7mm
形態
根茎は太く短く堅い木質で、多数のひげ根と肥大した小塊がある。葉は平たく細長い線状で、根元から多数が叢生し、株立ちになる。8月下旬~10月に花茎を出し、紫色の小花多数を穂状につける。花は、昼間開き、夜間は閉じる。果実は痩果で果皮は薄くすぐ脱落する。種子は秋に光沢のある黒紫色に熟す。
品種
葉に斑が入る園芸品種が普及している。
原産地
日本(北海道南部~沖縄)、朝鮮、中国、台湾、フィリピン
生育
強健で栽培容易。耐陰性が強いが、暗すぎると花付きが悪くなる。
利用
日当たりのあまり良くない樹木下のグランドカバー。鉢植え。根は漢方で、滋養強壮、鎮咳に使われる。
ヤブラン
東京都新宿区、公園
2005.9.15
ヤブラン
東京都新宿区、集合住宅
2005.12.2
ヤブラン
花と果実(未熟)
東京都新宿区、公園
2005.9.15
ヤブラン
果実
東京都文京区、小石川植物園
2009.1.17

品種

特徴
葉に黄緑色の斑が入る。
ヤブラン
千葉県習志野市、公園
2016.6.12
ヤブラン
千葉県習志野市、公園
2016.9.24
ヤブラン
東京都新宿区、集合住宅
2005.9.16
ヤブラン
東京都新宿区、公園
2005.9.15
ヤブラン
東京都新宿区、住宅
2005.9.16
特徴
葉に白い斑が入る。
ヤブラン
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2016.6.10
ヤブラン
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2016.9.16
名称

ピュア ブロンド‘Pure Blonde’

特徴
3~6月頃に出る新葉が純白。夏以降は緑色になる。
ヤブラン
千葉県習志野市、公園
2013.5.2
NOTE
ページ top