最終更新日:2017.10.15
名称

スノードラゴン

オフィオポゴン
ミスキャンタス
学名
Ophiopogon caulescens ‘Variegatus’
Ophiopogon malayanus ‘Variegata’
分類
Asparagaceae
Ophiopogon(オフィオポゴン)
名の由来
「ミスキャンタス」の名で流通するが、「Miscanthus」はイネ科ススキ属の学名で、誤用。
「オフィオポゴン」は、属名。
解説
斑入り葉の園芸品種。原種に関しては詳細不明。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30cm/葉長:15~30cm/葉幅:4~7mm/花序長:10~15cm/花径:6~7mm/果径:6~7mm
形態
根茎を伸ばして繁殖し、絨毯状に広がる。葉は硬く細長く、濃緑色で灰白色の縦縞斑が入り、根生する。9~10月頃、花茎を出して総状花序を作り、淡紫がかった白色の小花を多数下向きに咲かせる。
原産地
マレーシア
生育
強健で栽培容易。明るい日影を好む。あっちこっちに小さな芽を出すので、まばらな感じで広がる。
利用
日陰のグランドカバー、鉢植え、花材。
スノードラゴン
東京都新宿区、住宅
2005.10.2
スノードラゴン
「スノードラゴン」と「ヤブラン」の寄せ植え
東京都新宿区、住宅
2005.5.15
スノードラゴン
東京都新宿区、住宅
2005.10.2
ページ top