TOPへ戻る
最終更新日:2014.12.1
名称

サンセベリア・トリファスキアタ

アツバチトセラン(厚葉千歳蘭)
英名
Snake plant
学名
Sansevieria trifasciata
性状
多年草/多肉性/根茎
大きさ
高さ:80~120cm/花長:2cm
形態
茎は地下で横に這い、地際から肉厚で先の尖った剣状の葉が叢生する。葉は灰緑色と濃緑色の雲状の斑模様が入る。葉の間から花茎を伸ばし、白い花を咲かせる。花柄の基部には蜜腺があり、透明な小さな蜜の玉が下がる。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
アフリカ、南アジアなどの熱帯乾燥地帯
生育
乾燥に強い。日光不足に強い。低温と過湿には弱い。
利用
鉢植え観葉。
サンセベリア・トリファスキアタ
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
サンセベリア・トリファスキアタ
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12

品種

名称

ローレンティー‘Laurentii’

特徴
葉は灰緑色で濃緑色のギザギザした斑模様が入る、葉縁が白黄色の帯になる。
サンセベリア・トリファスキアタ ‘ローレンティー’
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
サンセベリア・トリファスキアタ ‘ローレンティー’
花が咲いている
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2013.8.15
サンセベリア・トリファスキアタ ‘ローレンティー’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2013.8.15
名称

アルゲンテオ・ストリアタ‘Argenteo-Striata’

特徴
葉に縦縞の白斑が入る。葉肉がやや薄く、葉幅は細い。
サンセベリア・トリファスキアタ ‘アルゲンテオ・ストリアタ’
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.3.12
TOPへ戻る