TOPへ戻る
最終更新日:2014.12.1
名称

ストロビランテス・アニソフィルス

ランプの妖精(らんぷのようせい)
英名
Bedding conehead, Goldfussia
学名
Strobilanthes anisophyllus
性状
亜低木/常緑
大きさ
高さ:1m/葉長:7~12cm/花径:12~15mm/花長:30mm
形態
茎は直立し、よく分枝する。葉は披針形で、浅く粗い鋸歯があり、対生するが、左右の葉の大きさが大きく違う。葉は光沢がある濃緑色で、冬にブロンズ色に紅葉する。2~3月頃、葉腋から花茎を出し、十数個の花芽をつけ、1~2個ずつ淡紫赤色の筒状花を咲かせる。
原産地
インド(アッサム)
利用
耐寒温度は5℃程度。真夏の直射日光は避ける。
利用
鉢植え。
ストロビランテス・イソフィルス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.10.19
ストロビランテス・イソフィルス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.3.16
ストロビランテス・イソフィルス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.3.16
ストロビランテス・イソフィルス
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2007.3.16
NOTE
TOPへ戻る