TOPへ戻る
最終更新日:2013.7.1
名称

インドソケイ属

プルメリア
学名
Plumeria
性状
低木~小高木/乾季落葉
大きさ
高さ:3~9m
形態
低い位置からよく分枝し、樹形は横に張り出す。葉は全縁で、先が尖った楕円形〜へら形で、枝先に螺旋状に密に互生する。原産地では周年、日本では5~10月頃、枝先に集散花序を作り、5弁花を咲かせる。花色は、品種によって白、黄、桃、赤などがある。花には芳香がある。果実は蒴果。
品種
たくさんの品種、園芸品種がある。
原産地
西インド諸島、熱帯アメリカなど
生育
20℃以上で活発に生育、10度以下では葉を落とし休眠する。耐寒温度は5℃程度。比較的乾燥に強い。
利用
鉢植え。花もち、香りが良いので、花はハワイでは“レイ”に利用される。枝の切り口から出る白い乳液は有毒。
インドソケイ属
千葉県千葉市、住宅
2012.9.5
TOPへ戻る