最終更新日:2013.7.8
名称

カナダオダマキ(カナダ苧環)

アクイレギア・カナデンシス
英名
Canada columbine, Wild columbine
学名
Aquilegia canadensis
分類
Ranunculaceae
Aquilegia(アクイレギア)
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:20~70cm/花長:40~50mm
形態
根生葉は二回三出複葉で、小葉は扇形で2、3裂する。4~5月頃、花茎を出し、2~3個の花を下向きに咲かせる。朱赤色の花弁のように見えるのは萼片で、ややすぼまりぎみに開く。花弁は中央にまとまり、萼片の間から後ろに5本の距がすぼまったまま突き出す。花弁先端部は黄色。黄色い雄しべが花冠より長く飛び出す。
品種
花色全体が黄色い品種や、矮性のもの、「セイヨウオダマキ」との交配種などがある。
原産地
北アメリカ中部~東部
生育
乾燥ぎみの落葉樹林下などに自生する。
利用
花壇植え、鉢植え。
カナダオダマキ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2012.5.7
カナダオダマキ
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2012.5.7

品種

名称

コルベット‘Corbett’

特徴
葉は明緑色で、花は黄色味がかった白。
カナダオダマキ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
カナダオダマキ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2013.5.8
ページ top