TOPへ戻る
最終更新日:2007.5.11
名称

ミヤマオダマキ(深山苧環)

英名
Fan columbine
学名
Aquilegia flabellata
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:10~25cm/花径:30~40mm
形態
根は太く、まっすぐに下に伸びる。根生葉は白緑色で、二回三出複葉で、小葉は扇形で2、3裂する。4~6月頃、薄青紫色の花を数個、下向きに咲かせる。花弁のように見えるのは萼片で、ややすぼまりぎみに開く。花弁は中央にまとまり、萼片の間から後ろに短い5本の距が突き出して内側に丸まる。花弁先端部は白い。果実は袋果で、尖った筒が5本集まり、黒い種子が入る。
品種
野生種は「ミヤマオダマキ A. flabellata var. pumila」で、これから様々な園芸品種ができている。園芸品種は花が大きくて花数が多く、花色も、白や薄桃の品種がある。
近縁に山地に自生する「ヤマオダマキ A. buergeriana」がある。
原産地
日本(本州中部以北)、南千島、朝鮮北部、樺太
生育
自生種は高山植物。日当たりを好むが、夏の暑さと乾燥、強光には弱い。耐寒性は強い。
利用
花壇植え、鉢植え。
ミヤマオダマキ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2007.4.27
ミヤマオダマキ
東京都新宿区、住宅、鉢植え
2006.4.18
ミヤマオダマキ
草丈8cm、花径20mmくらいのごく小さいもの。白花。
千葉県習志野市、住宅
2007.5.3
NOTE
TOPへ戻る