TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

クレマティス<園芸分類>│小輪系│ヴィオルナ系

学名
Clematis spp.
英名
Small-flowered Division / Viorna Group
解説
「クレマティス・アディソニー Clematis addisonii
「クレマティス・クリスパ Clematis crispa
「クロバナハンショウヅル (黒花半鐘蔓) Clematis fusca
「クレマティス・イアンティナ Clematis ianthina
「クレマティス・ピッチェリ Clematis pitcheri
「クレマティス・レティクラタ Clematis reticulata
クレマティス・テキセンシス Clematis texensis
クレマティス・ヴィオルナ Clematis viorna」など。
また、これらを交配親とした系統。
性状
半木本/冬季落葉/蔓性(葉柄による巻きつき)
形態
葉は3出複葉、または羽状複葉。花期は晩春〜初秋。新枝咲き。小〜中輪の壺形やベル形で、萼片は4~6枚。下向き〜横向きに咲く。蕾は下向き〜横向き。花色は、赤、赤紫、紫、薄紫、黒紫、ピンク、白など。
生育
強剪定。耐寒性、耐暑性とも強い。

品種

名称

‘オドリバ(踊場)’‘Odoriba’

特徴
花径40mm程。花は紫がかった桃色で、内側中央部は白い。ベル型で、咲き進むにつれて外側に反り返り、下向きに咲く。四季咲き性。
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.11
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.11
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.6.11
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
クレマティス・ヴィオルナ ‘オドリバ(踊場)’
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
TOPへ戻る