TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

クレマティス<園芸分類>│小輪系│ヴィチセラ系

学名
Clematis spp.
英名
Small-flowered Division / Viticella Group
解説
クレマティス・ヴィチセラ Clematis viticella」を交配親とした系統。
性状
半木本/冬季落葉/蔓性(葉柄による巻きつき)
形態
葉は奇数羽状複葉。花期は晩春〜初秋。新枝咲き。中輪のベル形や平開咲きで、萼片は4~6枚。下向き〜横向き〜上向きに咲く。蕾は下向き〜横向き〜上向き。多花性。花色は、紫、青紫、赤、ピンク、白、複色など。
生育
強剪定。耐寒性、耐暑性とも強い。

品種

名称

‘エトワールバイオレット’‘Etoile Violette’

特徴
花色は濃赤紫色で、花付きがとても良い。花径は8cm程度。花後の強剪定で繰り返し咲く。冬も強剪定。
クレマティス ‘エトワールバイオレット’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
クレマティス ‘エトワールバイオレット’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
名称

‘マダムジュリアコレボン’‘Madame Julia Correvon’

特徴
花色は濃ピンク色で、花付きがとても良い。花径は6cm程度。花後の強剪定で繰り返し咲く。冬も強剪定。
クレマティス ‘マダムジュリアコレボン’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
クレマティス ‘マダムジュリアコレボン’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
NOTE
TOPへ戻る