TOPへ戻る
最終更新日:2020.8.1
名称

クレマティス・インテグリフォリア

学名
Clematis integrifolia
解説
インテグリフォリア系」に分類される。
性状
半木本/冬季落葉/木立性
大きさ
高さ:30〜50cm/小葉長:4~8cm/花径:40~50mm
形態
木立性でほぼ直立するが、茎はやや軟弱で、他物によりかかりながら成長する。葉は単葉で、先が尖った卵形~長卵形で全縁で、対生する。5月下旬~10月頃、新枝の葉腋に長い花柄を伸ばして花を咲かせる。花はベル形で下向き、蕾も下向き。花は花弁はなく、花弁のように見える萼片が4枚つく。萼片は青紫色の披針形でややよじれる。中心部に多数の雄しべがある。果実は白い羽毛状の毛ががついた痩果で、多数集まってボール状になる。
品種
インテグリフォリア系」として多数の園芸品種がある。
原産地
ヨーロッパ、中央アジア
生育
日当たりを好む。強健で育てやすい。新枝咲き。四季咲きの性質があるので花後は軽く剪定して次の花を咲かせる。冬は強剪定。繁殖は挿し木または株分け。
利用
庭植え、鉢植え。
TOPへ戻る